1. ホーム > 
  2. 実例紹介トップ > 
  3. 人材育成体系の確立

実例1人材育成体系の確立

クライアントプロフィール

事業形態
: 業務アウトソーシング受託
従業員数
: 約400名
依頼主
: 役員

クライアントの状況と課題

事業拡大により急激に従業員数が増えた。今後の発展と将来の事業戦略を踏まえて、幹部管理者を軸とした、根本的な人材育成体系を作りたい。

ウィズン・コンサルティングの解決方法

ステップ1現状把握
  • 全社員アンケート実施
  • 派遣先の職場調査
ステップ2人材戦略提案
ステップ3人材育成体系の構築
  • 人材育成計画の立案
  • 長期的視野に立った研修プランの策定
実施期間:
6ヶ月

人材状況を明らかにするため、全社員アンケートと派遣先の職場調査を実施。社員が抱えるスキルと課題、環境を包括的に把握し、今後の人材戦略を提案した。その後、経営陣との綿密な打ち合わせを経て、基本となる人材育成体系を設計。以後数年間における研修と人材育成計画について、担当役員とともに取り組んだ。

成果

人材育成に対するビジョンを掲げ、組織全体に浸透させたことで、社員の仕事に対する意識が変わり、研修参加率や研修における満足度が向上した。また、個々の研修の成果が企業全体の成長につながり、取引先の評価も向上した。

数年後の変化

社員のモチベーションアップとともに離職率が低下。各現場でのマネジメントが安定し、実施後の半期において過去最高の利益を実現するに至った。

 サービス内容 | 組織改革、人事戦略、研修のウィズン・コンサルティング株式会社