1. ホーム >
  2. サービス内容トップ >
  3. 費用の算出方法

費用の算出方法

サポート方法・業務単価・所用期間→コンサルティング費用

コンサルティング費用は、サポート方法、業務単価、所用期間よって決定します。
具体的には、以下のような考え方で費用を算出しています。

サポート方法

サポート方法は、大きく分けて3タイプあります。

1 全委託タイプ
事前の調査分析から実施に至るまで、全面的にコンサルタントに委託いただく方法です。現状に囚われないプランを導き出せる可能性が高まりますが、実施する際には、御社内で改めてプランの浸透を図る必要があります。完全委託になるため、費用は3タイプの中で最も高額です。
2 共同作業タイプ
御社スタッフとコンサルタントでプロジェクトチームを作り、共同作業を行う方法です。内部の状況と外部の視点をすり合わせしやすいため、プランの実現性が高まります。費用は3タイプの中で中間です。実施実績が最も多いタイプです。
3 助言・アドバイスタイプ
コンサルタントは助言やアドバイスに徹し、調査分析から戦略策定まで、ほとんどのプロセスを社内プロジェクトチームまたは該当部署にて実施する方法です。社内スタッフが主導・実施するために、人材育成効果が期待できますが、実施期間が長くなる傾向があります。費用は3タイプの中で最も低額です。

業務単価

コンサルティング費用は、主に以下の項目によって決定します。

  算出方法 費用概算
コンサルタント稼動費用
(実施)
クライアント企業と直接やり取りをしている調査・実施に関わる時間または日数にて計算 1日あたり35万円~
実施企画費用 クライアント企業からは見えていないが、実施詳細概要設計のためにコンサルタントが稼動した時間まはた日数ににて計算 1件あたり20万円~
調査・分析費用 クライアント企業からは見えていないが、調査や分析のためにコンサルタントが稼動した時間まはた日数ににて計算 1日あたり10万円~
研修テキスト費用 テキストを要する研修を実施した場合に受講人数分として計算  
研修会場費用 研修会場として費用が発生する場合のみ  
サービス内容
  • サービス内容 トップ
  • リサーチ・分析
  • 組織変革・人事コンサルティング
  • 研修
  • サービス一覧
  • 費用の算出方法
 サービス内容 | 組織改革、人事戦略、研修のウィズン・コンサルティング株式会社